フリーランスをして豊かな生活を送る方法

フリーランスをしているとプライベートの生活と仕事とをうまく分けていくという意識が必要になります。会社に勤務している場合には、通勤時間を境にしてプライベートと仕事とを分けて考えることができるものの、フリーランスをしているとその境界線が曖昧になってしまうのです。

プライベートと仕事との境界線が曖昧になってしまうことに支障がなければ構わないでしょう。しかし、個人事業主となったことによって確定申告をして納税する義務が生じます。その際にどこからどこまでを経費として扱うのかというところの線引きを常に念頭においておく必要が生じるのです。確定申告を行うために収支に関する帳簿をつけていく必要があり、日常的に行っていないと年末になって頭を抱えてしまうことになります。そのため、普段からプライベートと仕事とを分けて考える頭の使い方を身につけることが大切になるのです。

フリーランスをしていると必要になるのはこういった確定申告における節税の意識であり、せっかく稼いだお金を減らしてしまわないための手段です。個人事業主となって福利厚生が受けられなくなった分、確定申告に加えて健康保険や国民年金の取り扱い等の行わなければならない事務仕事も増えてしまいます。それが仕事の時間や生活の時間を圧迫することもあありますが、専用のソフトウェア等を駆使したり、専門家に依頼したりするなどして手際よく行えるようにすると豊かな生活が送れるでしょう。フリーランスの生活とオシゴトがより良いものになりますように。

フリーランスの生活とオシゴト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>